ニートから就職を成功させるための5ステップ

ニートから就職を成功させるための5ステップ

 ニートの状態から抜け出したい、と考えている人は少なくありませんが、ニート状態から就職活動を行い、それを成功させるのはなかなか難しいものです。社会に出て働く事に不安を感じているニートの人も多いようですから、なるべく心身に負担をかけないように少しずつ就職活動を進めていく必要があります。

 

 ここでは、就職活動を成功させるための流れを5つのステップに分け、それぞれの段階でやるべき事や抑えておきたいポイントを紹介していますので、参考にされてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

1.就職の意志を固め計画を立てる

 ニート状態から就職を成功させるためには、まず本人が「働きたい」という意志を強く持つ事が必要となります。

 

 なりたい職業や働いてみたい会社など、具体的な目標を持つ事から始めてみましょう。目標が定まったら、いつから就職活動に取り掛かるのか、活動期間をどれくらいの期間に設定するのかなど、計画を立てます。活動期間を限定して計画に沿って実行する事はモチベーションの維持にも繋がりますから、ストレスを感じない程度に計画を実行に移していく事が大切です。

 

関連記事

 

 

 

 

2.情報収集は念入りに行う

 求人情報や就職活動に役立つ情報はインターネットを利用する事で簡単に入手できます。

 

 リクナビNEXTやリクルートエージェントのような大手支援サイトなら、数多くの求人情報に加えて就職活動を有利に進めるためのノウハウや体験談なども掲載されていますから、それらも参考にして就職活動のイメージを具体的に捉えていくと良いでしょう。

 

おすすめサイト

 

 

関連記事

 

 

 

3.就職先を探して応募する

 情報収集の段階で興味を持った企業の中から、実際に応募する所を絞り込みます。ニート期間の長い人や職歴の無い人は、未経験者歓迎の求人にターゲットを絞って探すと良いでしょう。

 

 書類選考の段階でふるい落とされる人も多いため、応募書類は就職支援サイトのノウハウなども参考にして、丁寧に作成します。特に志望動機を書き込む際は、相手にしっかりと熱意が伝わるように熟考と工夫を重ねる事が大切です。

 

 

関連記事

 

 

4.面接のポイントを把握する

 ニート期間があった人の場合、面接時に「就職しなかった(できなかった)理由」について必ず質問されると考えて間違いはありません。

 

 そのため、ここでどのような受け答えをするかで合否が決まると言っても良いでしょう。質問を想定して相手が納得できるような回答を考え、模擬面接も行ってしっかりと面接対策を取る事が重要です。

 

 

関連記事

 

 

5.入社準備と心構え

 就職が決まったら、入社に備えて必要な物を揃えておきます。職場にふさわしい服や筆記用具など、揃えるものは細々とあるでしょうが、楽しみながら準備をすると良いでしょう。また、社会人として働く心構えを持っておくのも大切です。

 

 小さな仕事や雑用も、きちんとこなしていけば評価に繋がるという事を念頭に置いておきましょう。マナーに不安のある人は、この間に一通り覚えておく事をおすすめします。

 

関連記事