就職してから後悔しないために、面接時に確認しておきたいこと

面接時の「逆質問」で確認しておきたいことを聞いておこう

 

 就職してから後悔しても、そう簡単に辞めることはできません。できたとしても、その後に待っているのは、また一から行う就職活動。人によってはニートに逆戻りとなってしまうでしょう。

 

 そうならないよう、就職前に知っておかなければならないことは、必ず面接の時に確認しておくようにしてください。どのタイミングで確認すればいいのか、それは「逆質問」の時です。

 

 逆質問とは、面接の最後に面接官から発せられるであろう「質問はありますか」という言葉の後に、あなたの方から会社の人間に投げ掛けることができる質問のこと。この機会を絶対に逃してはいけません。

 

 

意外と把握していない人が多い「仕事内容」の詳細

 

 実際に何を聞けばいいのか、事前に質問内容を用意しておきたいのですが、ニートの人は必ず、詳細な仕事内容について確認しておくようにしてください。

 

 求人情報を見ただけでは、多くの仕事は詳細を知ることができません。「こんな仕事だと思わなかった」と就職後に思ってしまうほど、馬鹿げたことはないはず。そうならないよう、「どのような仕事を任せてもらえるのでしょうか」などの形で確認しておきましょう。

 

 企業研究等を事前にしたと思わせるために、上記の質問の前に希望職種を伝えたり、「こんな仕事内容であると解釈し応募したのですが、他にはどのような仕事を任せてもらえるのでしょうか」などと聞くと、よりスマートかもしれません。

 

 

休日や残業についても必ず聞いておくこと

 

 休日や残業、これについては聞きにくいかもしれませんが、もし働く上で重要視しているのであれば、面接の時に確認しておいてください。どうしても知りたいことに限定し、あまりしつこく聞き過ぎないようにするのも選考結果に響かないポイントとなります。

 

 「求人にはこう書かれていたのですが、例外等はあるのでしょうか」や、「残業についての詳細を教えてもらえますでしょうか」などと聞いてみると、相手も特に嫌な顔をせず、しっかりと教えてくれると思います。

 

 

関連記事