ニートで出るよくある質問は

空白の期間何をしていたか

 

 この質問に関してはニートであれば必ずといっていいほど出てくることになります。そしてこの質問にどう答えるかで相手の評価は大きく変わってきて、下手を打てばその時点で採用がなくなることは十分にあります。

 

 これに関しては何かしらやむを得ない事情があればそれを語ればよいのですが、問題はそうでない場合です。当然正直に答えればアウトとなるため、その場合には自戒をしつつ、現在は前向きに動いているということを相手に伝えられるような内容を答えるのがいいでしょう。

 

 他にもやむを得ない事情以外に何かしていたことがあればそれを答えればよいですが、そうなると今度は「何故就職しようと思わなかったのか」という質問が高確率で飛んでくることになるため、空白の期間の内容とは別の方向でその答えを考えておく必要があります。

 

身の回りのことについて

 

 他にも「最近読んだ本」や「印象残ったニュース」といった質問も必ずではありませんがしてくるところも多いです。というのもこの質問はそのニートが普段からどういう生活を送っているのかをその答えから間接的に知ることができるからです。

 

 そのためにこれに答えられないと自堕落な生活を送っていると見られることになるため、答えられるようにしておく必要があります。最近読んだ本に関しては本当に「最近」でなくてもいいため、過去に遡って読んだ本を答えましょう。

 

 ニュースに関しては考えを聞かされることにもなる可能性も高いです。それによって「この人はどういう考えを持っているか」を見ることになるからです。企業側が望む回答は残念ながら不透明なものであるため、ここは自分なりの意見を言うようにしましょう。とはいえ流石に道義的に問題がある答えを言うのは控えた方がいいです。

 

 

参考記事