ニートで面接のマナーに気をつけるのであれば

調べるだけでは身につかない

 

面接ではマナーがあります。このマナーに反した行動を取ってしまうと相手にマイナスの印象を与えてしまうことになります。特にニートの場合だとよりマナーが守れるかどうかを見られる存在であるため、反した時点で採用が絶望的になる可能性は高いものとなるのです。

 

 そのために面接に挑むにはマナーに関してはしっかりと調べておく必要があります。しかしマナーというのは頭に入れた「だけ」では身につくものではありません。頭では理解した思っても、無意識に反した行動をとってしまうことがあるからです。

 

 そのためマナーを身につけたいのであれば日頃の行動から見直してみましょう。実際に日頃の行為が問題となっていることも多いため、それを改善すれば自然とマナーを身につけることができる場合が多いからです。

 

人を参考にして身につける

 

 企業によっては集団面接がある場合もあり、その場合には自分以外の他の人間と一緒に面接を受けることになります。他の人間と一緒ということで比較されてしまうために厳しい戦いにはなると思いますが、その一方でこの集団面接はチャンスでもあります。

 

 それは他の人間を見てマナーの参考にできるからです。もちろんそれがいいことか悪いことかは人にもよりますが、どちらにせよ「こうした方がいい」「これはしない方がいい」という情報を身につけることができます。

 

 最も集団面接では面接側の相手を見ていなければならないため、チラチラと他の応募者を見ることはいけませんが、雰囲気的に機会がある時には見ていきましょう。

 

 

参考記事