資格を持っていない人の履歴書資格欄の書き方&資格無しの影響

何も無いなら「特になし」

 

 履歴書の資格欄、ニートは特に資格を持っていない人が多いかもしれませんが、そういう人は履歴書のこの欄を見る度にため息が出てしまうのではないでしょうか。でも、そこまで強く意識する必要はありません。

 

 もし履歴書の資格欄に書けるようなものを何ひとつ持っていないなら、「特になし」と書いておきましょう。これで何も問題はないのです。

 

 資格を何も持っていなかったとしても、空欄のまま会社に提出するのだけは避けてください。それでは資格を持っているのか持っていないのかが相手に伝わりません。無いなら無いと伝えなければならないのです。

 

 

資格無しでも選考に影響なし?

 

 そもそも、この履歴書に記載する資格、これがないとどのくらい選考や採否に影響を及ぼすものなのでしょうか。

 

 ニートでも受け入れてくれるような会社の場合、資格の有無というのはほとんど選考に影響を与えません。もちろん何かあればそれはそれでアピールにはなるので、影響が全くのゼロというわけではないでしょうが、「特になし」と書かれていたとしても、「資格を持っていないなんて、けしからん」とはならないので安心してください。

 

 履歴書の資格欄を変に意識し、「何か書かなければ」と思う必要はなく、そのままのあなたを会社側に見せればそれでいいのです。

 

何も無い場合のフォーマット選び

 

 履歴書は空欄を無くした上で提出するのが基本。資格を持っていなければ資格欄は「特になし」でいいのですが、資格を持っていない人はその前に、履歴書のフォーマットの選び方に気を遣った方がいいかもしれません。

 

 資格欄がやたらと大きい履歴書は避けておきましょう。1行目に「特になし」と書いても他の何も書いていない行が目立ち空欄に見えてしまう、あるいは内容が無い履歴書だと思われてしまうからです。

 

 資格欄のスペースが小さいフォーマットを選ぶか、あるいはそういった履歴書を自分で作成するなどし、資格の無さが過剰に目立つのを防ぐ対策も必要となってくるでしょう。

 

 

関連記事