ニートが書く志望動機は

志望動機を書く

 

 志望動機は選んだ企業へと就職したい理由を書いたものであり、そこで働きたいという意欲を見るための欄ということになります。書く内容としてはやはり「その企業でなければならない」ことを書かなければいけません。

 

 ありきたりな内容だと「他でもいいじゃないか」ととられることになってしまいますので、応募する企業の特徴から内容を考えていく必要があります。もちろん自分自身が何故そこを選んだのかも考えて、それと併用して内容を作りましょう。

 

 企業を選んだのであれば、まずはこの志望動機をどう書くかを考えるところから始めてみましょう。その上で書けないと悟ったら応募するのをやめた方がいいです。

 

ネガティブな内容は書かない

 

 ニートというとどうしても謙虚さを出すために自虐的に後ろ向きな内容を書いてしまいがちとなりますが、ネガティブな文は見ていて気分のいいものではないため、謙虚で書いたつもりが相手を不快にさせてしまうことになります。

 

 もちろんそうなれば選考は絶望的なものとなります。確かに自戒をする必要はあるかもしれませんが、それは履歴書に書く必要があるものではないため、書かないように気をつけましょう。精神的に不安があるとどうしても書いてしまいがちになってしまうので、リラックスして安定している時に書いた方がいいでしょう。

 

 

 

参考記事