ニートとブラック企業

ブラック企業以外の道はある

 

 ニートというと就職においては立場的にかなり不利な位置に立たされます。それによって就職が中々できず人によっては「ブラックでもいい」という考えになってしまう人もいるのではないでしょうか。

 

 しかし世の中には様々な求人と様々な仕事探しがあるため、例えニートでもブラック企業以外で就職することは不可能ではないのです。むしろブラック企業に入ることは自分にも悪い影響が出るだけでなく、企業を増長させてしまうので社会にも悪い影響が出てしまいます。

 

 ブラックに入るぐらいであればニートでいた方がよっぽど「社会のため」になるのです。ブラックに入らないことを前提に就職活動をしていきましょう。

 

怪しい企業とは

 

 入らないようにするためには当然ブラック企業を見分ける目を持たなければいけません。求人を時期に関わらず頻繁に出している。

 

 掲載されている情報が曖昧だったり、精神論的なものが多い、過去に何か事件が起きているとこれらの情報から見分けられれば容易なのですが、中にはただ調べただけでは分からない企業もあります。その場合には面接で怪しいかどうかを見極めるしかないでしょう。

 

 怪しい企業の場合には面接での態度が妙であったり、面接会場自体が不自然なところであったりする場合があります。他にも何か話を聞いていて違和感を感じてみたら怪しいと考えていいでしょう。

 

 

参考記事