ニートでハローワークはどうなのか

空とブラックまみれの求人

 

 ニートに限った話ではありませんが、立場的に就職や転職が不利な方はハローワークで仕事を探すのはやめた方がいいでしょう。求人や転職サイトでは求人掲載には費用がかかることが多いのですが、ハローワークは無料で掲載することができます。ようするに「お金をかけて雇用したくない企業」が何の遠慮もなしに求人掲載できるのです。そしてそのような企業は大抵は人間を「使い捨て」したいブラックであることが多いです。

 

 他にもハローワーク側からの要望によって求人を出している「だけ」の企業もあります。いわゆる空求人と呼ばれるものであり、ここに応募しても応募するだけ無駄になるということです。よいと思う求人は大抵は新卒やらの立場的に有利な人間に持っていかれてしまうためハローワークでの仕事探しはほとんど意味がないと考えていいでしょう。

 

利用するのは相談と訓練で

 

 最も仕事探しという観点では役に立たないと見ていいですが、他の面から見れば話は変わってきます。ハローワークでは就職する人のための進路相談や何かしらのスキルを身につけるための職業訓練を受けることができます。

 

 進路相談に関しては相手になってくれる人間によっても役に立つかどうかは変わりますが、それでも相談自体は有用なものです。そして職業訓練はニートで技術に問題がある場合には役に立つシステムとなります。最も何の訓練を受けるかは自分で考えておくようにしましょう。

 

 

参考記事