ニートが就職決まるまでにかかる期間知っていますか?

ニートの男女にも就職を希望する人は大勢います。そういったニートの人が心配するのは「転職活動はどのくらいの期間がかかるのだろう?自分はニート歴が長いから普通の人よりもやはり長くかかるのだろうか?」という点です。

 

ニート歴がどのくらい長いかにもよりますが、通常は1年以上のブランク(空白)期間が履歴書にあると採用担当から敬遠される原因になります。軽いアルバイトでもその間にやっていたという人は、「体調が悪かったからフルタイムはできなかったけどアルバイトは自分にできるだけやっていました」と説明するとよいでしょう。

 

就職活動期間はニートの場合どのくらい?

 

一般的に転職活動期間は(年齢÷7)か月であるとも言われます。ですから25歳のニートであれば、3か月以上かかるでしょう。しかし個人差がありますので、ちょうど人手不足の会社であれば若い人なら何でもいいとすぐに雇ってくれる可能性もあります。

 

ですから“他の人はどのくらいの期間で内定しているのだろう”と気にしすぎることは無意味です。それよりも“どういう働き方が自分にとって最適か”という点を気にしたほうがよいでしょう。

 

就職活動は計画性が命

 

これまで就業していなかったニートの男女は就職になりますが、就活は計画性が非常に重要です。業界によっては特定の時期にしか採用活動をしない場合もあります。

 

自分がこういう業界に入りたいというイメージがあるのなら、その業界の内部の情報を探る必要があるでしょう。業界誌を読んだり、就職フェアへ行ってみるのも手です。業界ではなく職種で絞りたいというニートもいるかもしれません。なぜその職種なのか?が問われますので、事前に自己分析をしておきましょう。