社会人を目指すなら体調を万全にしておくのが常識!ニートのための体調管理講座

現在の生活を見直すことこそ体調管理のスタート

 

 規則正しい生活を送っているニート、というのはあまり聞きません。あなたがどのような生活をしているのかを計り知ることはできませんが、社会人として毎日働いている人と比べれば、堕落な生活を送っているのではないでしょうか。中には昼夜が逆転している人もいるでしょう。

 

 社会人になったら、もちろんそんな生活を続けることは不可能。就職する前に、もっと言えば、就職を目指す前に生活を正しておかなければならないのです。
 これは体調管理にも直結してくる話。就職が決まってから急に規則正しい生活を送ろうとすると、頭も身体もついていけず体調不良に陥る可能性大。

 

 そうなれば会社にも迷惑をかけ、自分も辛い思いをしてしまうでしょう。今すぐにでも体調管理のために現在の生活を見直す必要が出てくるのです。

 

太陽を浴びることで入る脳のスイッチ

 

 昼夜が逆転しているなら聞いても意味がないかもしれませんが、毎日太陽の光を浴びていますか?朝起きて夜寝る生活をしている人でも、ニートの場合、部屋に籠りきりで太陽の光を浴びないまま一日が終わってしまう人もいると思います。

 

 太陽の光を浴びることで入る脳のスイッチ。これは人に大きな影響を及ぼすことを知っておいた方がいいでしょう。朝だと強く認識することで脳が起き、交感神経が優位になります。つまり、軽い興奮状態になるのです。これが身体を活動的にし、良いパフォーマンスを生み出す原動力へと変わります。

 

 就職してからではなく、今から毎日太陽の光を朝に浴びる習慣を身につけ、いつでも働き始められる準備をしておくのも、あなたがやらなければならない就職活動のひとつなのかもしれません。

 

 

自炊こそ体調管理の第一歩

 

 ニートにとってはこれまたハードルの高い自炊。しかし、これも体調を管理するには欠かせない行動です。

 

 自分でごはんを作って食べることで、自分の身体に何が入っているのかを知ることができます。さまざまな料理や調理法を覚えれば栄養の偏りを防ぐこともでき、健康への意識もずっと高まるでしょう。

 

 また、体調が悪くなった時、それが食べ物が原因であった場合、それを素早く突き止めることもできるようになります。体調が悪くなった時に食べるべきものも把握できるようになるので、体調管理を行うには、まさに自炊は無視することができない存在と言えるのです。

 

 

関連記事