ニートが就職にかける期間は

期間が長くなる程

 

 当然のことながら仕事をしていない空白の期間が長くなればなるほど就職においては不利になります。そのためにニートの就職はあまり時間をかけずにすぐに終わらせるのが望ましいことです。

 

 しかし人によっては資格や免許の取得の関係でどうしても一定の期間は消費しなければならないという場合も出てくるでしょう。そのケースの場合には面接等で資格や免許の取得のために勉強をしていたことを答えれば相手を納得させることはできます。

 

 しかし、問題はそうではない空白の期間です。仕方が無い理由があればよいですがそうでない場合には難しいことになり、特に空白期間が長ければ長いほど難しいことになります。このケースの場合には相手を納得させることができるような答えを自分で考えなくてはいけません。仕事をしていない空白の期間が長くなる程、就職活動の期間も長くなる確率が上がると考えていいでしょう。

 

活動期間は長く見積もる

 

 しかしそれでもやはり「ニート」という立場は企業側から見るとマイナスが前提となった印象になってしまいます。そのためにニート期間が短くても長くてもマイナスからのスタートになることは変わりありません。

 

 そうなれば求人での選択にも支障が出る可能性が高いため、就職にかかる期間は長くなることを前提に考えていった方がいいでしょう。

 

 

参考記事