就職をする目的は何か

「ただ」就職するだけでは駄目

 

 ニートというと「何が何でも働け」と言われるイメージが出てくるかもしれませんが、実際に本当に何も考えずに就職しようとしても上手くいくわけがありません。運よくできたとしても長続きする可能性は高くはないでしょう。

 

 そのために就職するのであれば目的を定める必要があります。目的を定めればそれに向かって進むことで就職活動を効率よく進めることができ、尚且つ仕事にも意欲的に打ち込むことができるからです。

 

 目的の内容に関しては本人が頑張れるのであれば何でもいいでしょう。それこそ周りから見ると失笑を買うようなものでもです。目的を定める目的は周りのためではなく、自分を奮い立たせてモチベーションを上げるためのものであるからです。

 

目的を見つけるには

 

 一方で目的が見つからないお陰でいつまで経っても就職活動に踏み切れないというニートの方も多いでしょう。特に何かしら過去に挫折を味わった方程その傾向が多いです。

 

 その場合には気になるバイトやパートがあればそれをしてみたり、何かしら種類は問わずイベントに参加してみたりしてみましょう。何か行動をすることによって自分の目的が決まってくることがあるからです。

 

 目的が見つかるまでは就職しなくてもいいと思います。あくまで仕事は「自分で決めてやる」ことを忘れないようにしましょう。

 

 

参考記事