ニートが就職するためにする自己分析

自己分析で見つけるもの

 

 自己分析は自分ができることの再確認をするための作業です。実際に就職するとなれば自分ができることを武器にしてやっていくため分からなければ向かうべき方向に迷っていつまで経っても就職できないからです。

 

 ニートといってもなった事情は人によって様々ではあると思います。そのため人によっては過去を振り返ってみて自分ができることが見つかる可能性もあります。

 

 見つけるものは何も技術だけではありません。中には過去にした経験がそのまま就職に役に立つ場合もあります。それも含めて自己分析で見つけていくのがいいのです。

 

必要なものを見つける

 

 しかしやってみた結果、人によっては今の段階では就職をするのに心許ないという結果に終わってしまう人もいるでしょう。そのような結果になった場合には、自分ができることを見つけるのではなく、自分が身につけるべきものを見つけることになります。基本的には資格や免許を取得することになりますが、実際に闇雲に取得しようとしても就職で役立つものを取得するにはある程度の時間が必要となります。

 

 そのために、自己分析によって方向性を定めて取得するべきものを決めた方がよいのです。時間がかかるということで焦って決めてしまう方もいるかもしれませんが、それで決めると碌なことにならない可能性が高いので、じっくりと決めて腰を据えてやった方がいいです。

 

 

参考記事