ニートでも合格できる簿記検定

ニートでも合格できる簿記検定

 


 就職したいと悩んでいるニートの方は、何か手堅い資格を取得したいと思っていることが多いのではないでしょうか。そのような人たちから注目を集めている資格、それが「簿記検定」です。

 

 簿記検定を取得すると、あらゆる企業・会社・事業所などで経理事務を扱うことができるようになります。簿記計算・経理のために人材を確保したい、と思っている企業は、どのような地方であっても必ず存在するので、資格を取得しておけば就職のための大きな手助けとなります。

 

 怠け癖がついてしまっているニートの方は、「本当に自分なんかでも合格・取得できるのだろうか?」と不安に思ってしまうかもしれません。そう簡単な資格ではないことは事実ですが、簿記は慣れてしまえばカラダで解くことができる試験です。

 

 最初のうちは分からない専門用語などがたくさん出てくるので混乱するかもしれませんが、徐々に慣れていけば必ず合格ラインに達することができます。過去問の傾向を見ればわかるのですが、出題されるパターンは限られています。過去問をすべてマスターしてしまえば、100%合格できると言っても過言ではありません。

 

 いきなり欲張って2級から勉強を始めようとする方も多いようですが、3級の知識が頭に入っていなければ、2級レベルは手も足も出ません。まずは、3級用の初学者向けテキストから攻略していくようにしましょう。

 

 前述しましたように、過去問を分析しながら、実際の問題を解けるようになることを目標に学習を進めていくようにしましょう。