ニートの就職支援サポート

ニートの就職にはビジネス実務法務検定試験が効く

 ビジネス実務法務検定試験という試験を聞いたことがあるでしょうか。ビジ法と略されることも多いこの試験は、法学に関する様々な知識を身に着けることができる試験です。法務や営業・総務・人事など多様な分野で求められる実践的な知識を習得できるので、ニートの社会復帰のためにも非常に有効です。

 

 ニートが就職しづらい理由はなんでしょうか。それは、社会経験の少なさ、実戦で使えるスキルのなさ、だと言われています。ビジ法を勉強すれば、実際の企業活動も含めた幅広い知識を身に着けることができます。

 

 あまり有名な試験・資格ではないので、本当に就職に役立つの?と心配する方も多いかも知れません。ご安心ください。実際の就職活動の場面では、多くの大企業が採用の評価に利用しています。新卒で社会経験がない大卒生よりも、ビジネス実務法務を取得している応用力豊かな人材の方が重宝されることも珍しくはありません。

 

 コンプライアンスの重要性は、近年ますます増すばかり。法律に関する知識が皆無の人材を採用して、大きなトラブルに発展してしまうよりは、幅広い法学的思考を身に着けた人材を採用した方が好ましいのです。出題される範囲が非常に広く、そして問われる知識も実践的ですから、勉強しづらいという側面はあります。しかし、公式テキスト・問題集が発行されていますので、効率よく知識を身に着けていくことができます。時間がたっぷりあるニートの方でしたら短期間で取得できることでしょう。