試用期間について知っておく

あなたのことをチェックする期間です

 

 ニートであるということを考慮して採用したのであれば尚更ですが、そうではなくても、企業は新しい社員を迎え入れたら、その人の態度や振る舞い、仕事に関する能力などについてチェックしなければなりません。

 

 このための期間を、試用期間と呼びます。ニートから就職をすると、ほとんどの人が未経験からのスタートになると思いますが、企業はその人をある程度仕事ができる状態にしなければならないので、そのための教育期間としても、この試用期間というものを捉えることができるでしょう。

 

ニートが本採用されるのは難しいのか

 

 試用期間は通常3ヶ月ほどとなっており、これを無事にクリアすると本採用と言われる、本格的な採用になることができるとされています。それぞれ規定は異なりますが、試用期間を設けている企業は、こうした認識を持っているところが多いようです。

 

 となると少し心配になってくるのが、確実に本採用となれるのかどうか、という点。ニートだと不利かもしれない、と思う人もいるでしょう。でもそんな心配は特にする必要はありません。

 

 ニートでもすぐに解雇されることはありませんし、解雇にしないように企業も教育してくれるはず。ニートだから他の新入社員と比べて解雇されやすいということも、まともな企業に就職したのであれば考えられないので、安心して一生懸命働きましょう。

 

あなたが気をつけることな何でしょう

 

 ニートだから簡単には解雇されないとは言っても、気をつけることは山ほどあります。

 

 解雇される可能性のある人は、例えば、極端に仕事ができない、態度や振る舞いが悪い、言うことを聞かずに反抗的などの特徴を持っています。あなたはどうですか?どれか当てはまっているでしょうか。仕事を始めてみないとわからないこともあるかもしれませんが、言われたことをキッチリとこなし、ミスをしたら反省をし仕事を覚えるよう努力をすれば、試用期間なんてあっという間に過ぎていくでしょう。

 

 遅刻や欠勤も、せめて試用期間中はゼロにしてください。こうしたところで信用されれば、まず解雇されてしまうことはありませんし、試用期間というものを怖がる必要もないのです。

 

 

関連記事