契約書に気をつける

契約書の内容はしっかり確認を

 

 企業によっては送ってこないところもありますが、基本的には企業から労働における雇用条件が書かれている入社契約書が送られてくることになります。そこで書かれている内容が実際に自分が働く際の雇用条件となるため流し見せずにしっかりと内容を確認しておきましょう。というのも手違いか故意か、契約書に違和感を感じたり、提示されていた情報と内容が違う場合があるからです。

 

 もし違いや疑問を感じる違和感があれば企業側へと連絡を入れましょう。誤字脱字の類であれば修正してもらえることができますが、相手側の故意の場合には言い訳をする可能性が出てきます。契約書に間違いを入れる企業は信用に値するところとは言えないため、その場合には内定の辞退をした方がいいです。

 

雇用形態について

 

 それと違いで多いのが雇用形態であり、正社員のはずが契約社員ということもあると思います。しかしそれとは違い元から契約社員として応募した方もいるでしょう。その場合には契約期間がどれくらいかをしっかりと確認しておくのと、期間と同時に更新ができるかどうかも確認しておく必要があります。

 

 疑問があれば当然連絡をするのが大事です。疑問があったままでは後々のトラブルに繋がる他、仕事が始まって快く始めることができないからです。

 

 

参考記事