ニートの就職は何歳が限界?

ニートの就職は何歳が限界?

Q:ニートが就職するためには何歳までに決めなくてはいけないですか?

 50代以下であれば、就職できる可能性はいくらでもあります。ただなんらかの手を打つことが前提です。まず高望みはタブーです。それから怠け心も同じく。
 全く職歴がないに高卒ニートが大企業へ就職したいと思っても、到底難しい話です。大企業では大卒が最低条件となっています。大卒といってもゴロゴロあふれかえっているわけで、単なる大卒では採用してもらえません。そこに高卒ニートや大卒ニートが参入しようといったほうが無理です。

 

 もちろん縁故があれば、話は別です。ニートの就職で1番いいのは縁故を使うといったものですが、縁故がない人もいることでしょう。となると自分で何かを変えなくては状況は変わらないままであり、就職も難しくなります。

 

 ニートの就職先としておすすめなのは「人手不足の業界を狙う」といったものです。不景気で仕事がないと言われていますが、そうではない業界も存在しており、医療系はまさにそのメインストリートといえます。看護師、介護福祉士など人手不足は深刻であり、これらの資格を取得すればニートから脱却は十分可能です。またこれらの職業は年齢問わずで、正社員採用をしてもらえる傾向が強いため、アルバイトをしながら何年かかけて学校へ通っても十分元手は取れます。

 

 そこそこの学力があるなら、介護福祉士よりも看護師を目指したほうがいいでしょう。看護師の方が給料が高いですからね。

 

 ニートの就職は当然ながらそんなに甘い世界ではありません。自分の売り込み方をまずは見極めましょう。