プログラマーから違う職種へ転職された方の事例

元プログラマー・ニート歴3ヶ月29歳男です。プログラマーの業務に疲れ果てたので、別な仕事をしたいのですがプログラマーから違う職種へ転職された方の事例を教えてください。


 プログラマーは非常に離職率が高い職種でもあります。IT業界の求人は非常に多い反面、激務から離職してしまう人も後を絶たず、転職者が多いのが特徴です。自分で難題を解決しなければならないので、プレッシャーも大きく負担が多い職業でもあります。

 

 実際にプログラマーから全く違う職種へ転職する人は、少なくありません。給料や技術も大事ですが、それよりも「健康が1番」と実感される人が多く、マッサージやアロマ、介護関係など癒し系の仕事に転職する人もいます。また農業系に転職する人もいます。農作業は疲れを癒すのにも最適な仕事であり、給料は大幅にダウンしたものの、農業系に転職してよかったと言う人も見受けられます。

 

 精通した部分はありますがプログラマーの経験を生かして、ネットワーク関係の営業や会社のシステム担当者に転職する人も多数います。これらの職種であれば、プログラマーよりもずっと負担が少なく、現状の知識で仕事をすることができるため大変楽です。特に会社のシステム担当は運営・管理のため残業も少なく、プレッシャーも大幅に軽減されることでしょう。

 

 またネット関係の知識を生かして、ネットショップを始める人もいます。インターネットが普及した現代、ネットショップは非常に人気の高いビジネスであり、多くの人がユーザーもみられます。さまざまな道がありますが、まずは自分にとってプレッシャーにならない仕事を思い浮かべてみてはどうでしょうか?次に興味がある仕事を探すといった形で、職種の絞込みをかけてみるといいと思います。